×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京メトロ さようなら5000系 車両撮影会&工場見学会 by.K's Train

さようなら5000系 車両撮影会&工場見学会(2007.1/27)



 2007年1月27日に深川車両基地で開催された、東西線5000系車両引退イベントとして車両撮影会と工場見学会が行われました。撮影用車両として主役である5000系(ステンレス車+アルミ車)、05系、N05系、07系が使用されました。
 07系は元有楽町線を走行していた車両で撮影イベントとしては初参加とでありながら、5000系と顔を合わせることができる最後の撮影会となりました。

 5000系アルミ車では車内見学も同時に開催され、車内では5000系や東西線開業からの歴史を見られる写真や国鉄時代の103系や101系、301系等と5000系を写した写真、8000系(現半蔵門線の車両)が05系製造までの間に東西線を一時的に走行していた時代の写真等、貴重な写真の数々が展示されて見学者の間からも懐かしいとの声上がっていました。

 東西線5000系車両は今年3月まで運転され、東西線から姿を消すこととなります。

 



今回は撮影場所の設定状況からこの角度でしか全体を撮ることは困難でした。[1/27 深川車両基地]


5000系達とと05系初期車。[1/27 深川車両基地]


東西線の新系列も撮影会では初顔合わせ。[1/27 深川車両基地]


5000系アルミ車の内装。川崎車両製で黄色を基調とした車内配色となっている。
5000系列標準の色遣いである。[1/27 深川車両基地]


同編成の増結部。増結部は白系の配色で日本車輛製。近代的なイメージがある。[1/27 深川車両基地]


こちらも同編成の運転台。新形式の登場によって東京メトロからも2ハンドルコントローラーは、貴重な存在となりつつある。[1/27 深川車両基地]



こちらは車両工場内で05-135F 5両の点検作業が行われていた。
クレーンで車体を吊り上げる実演が行われていた。[1/27 深川車両基地]

室内も修繕中。[1/27 深川車両基地]


再塗装されてピカピカのSS-161型台車。[1/27 深川車両基地]


5000系の最後を見ようとお昼頃でもこの列。この先左5〜600m先まで入場列が続いている。[1/27 深川車両基地]


copyright Studio Mars 2004 by.Kura, all rights reserved