×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東京メトロ10000系 by.K's Train

東京メトロ 有楽町線(副都心線) 10000系



 10000系車両は、有楽町線新線(副都心線)用車両として、先行開発され開業までの間は有楽町線本線用として使用される予定です。
 フロントマスクのデザインはヨーロッパの鉄道線を思わせる丸みを帯びた形状となっており、随所に今までの東京メトロの車両を覆すデザインや技術が盛り込まれています。
 車内は有楽町線をイメージした山吹色をベースに壁はグレー調で天井面のや座席仕切板などの仕上げがこられていて、モダンなデザインとなっています。行き先方向幕は3色式のLEDで、側面表示のみ東武50050系と同じく、号車番号と行き先表示を交互に表示するタイプとなっています。
 編成構成は05系13次車よりも08系に近い5M5T構成で2号車と8号車はWパンタとなっています。すでに製造時から随所に東急線との相互運転を考慮した設計となっており、6月中旬に綾瀬検車区では一足早く「元町・中華街」表示も見ることができました。
 今後も、2007年度までに全20編成の導入が予定されています。

上の写真は、川越市で10000系と7000系との顔合わせ。
主な仕様
最高速度:110km/h
基本性能:加速度:3.3km/h/s 減速度:3.5 km/h/s(常用)・4.5 km/h/s(非常) ※現時点では08系からの推測によるもの
車体構造:A-Train工法・アルミニウムダブルスキン
制御方式:三菱電機製2レベルIGBT-VVVFインバータ制御
保安装置:東京メトロ用CS-ATC・13号線用ATO / 東武ATS / 西武ATS/(東急線にも対応)
その他の特徴:ボルスタ付きモノリンク式台車(FS777)、メトロ車両初LCD式車内案内装置

編成図


号車番号は車体側面の表記器に準じています。

メトロ車両の中でも一際個性的で、ヨーロッパの鉄道を思わせる丸みを帯びた前面形状となった。 2006.9/1


第1編成にはデビュー記念ステッカーが貼布されている。 2006.9/1


モダンなデザインの車内。 2006.9/1


従来の7000系の面影を残しつつ、シースルーの扉が設置されている。 2006.9/1


営業用メトロ車両としては初のLCD案内装置。
左部分は取付準備状態となっているため、東急線と相互直通を開始する頃に改造される物と思われる。
案内表示器の枠部分と広告スペースはアルミのヘアライン仕上げと上質感がある。
E231系と同等のドアチャイムを装備している。 2006.9/1


座席は日立標準の仕様だが、内部ウレタンに改善が見られ、TXや東武50000系とは乗り心地が異なり、より快適になった。今後はこの仕様のクッションが日立標準となりそうだ。
両端の仕切板はアルミ鋳造と思われ、南部鉄器のような表面仕上げで素材そのものの良さが出ている。
しかし、うとうとしていて頭をぶつけると少し痛い。 2006.9/1


天井部分はVSEロマンスカーなどのような特急電車を思わせるデザインで、通勤車両という事を忘れそうだ。
しかしながら、地下区間に入ると少し暗めな印象がある。
ファンの吹き出し口は車体方向に対して直角に付くなど特異な物となっている。 2006.9/1


細部までこった作りとなっていて、航空機の荷棚を思わせる。
荷棚には天板部に強化ガラスが貼られ、シースルー構造になっている。 2006.9/1


10000系の運転台。08系と言うよりも、南北線9000系に近い構造になっていて、ATO関連の機器も調整準備工事はされているだろう。 2006.9/1


FS777型ボルスタ付き台車はT・M台車とも同形式を名乗る。 2006.9/30[撮影会にて]


三菱電機製VVVFインバータ装置は8000系更新車に近い形状。 2006.9/30[撮影会にて]


メトロ車両初スクリュー式電動空気圧縮機。
東武50050系とほぼ同型の物と思われる。 2006.9/30[撮影会にて]


東武50050系と同等の側面表示器。 2006.9/4


東急線用行き先表示も内蔵。[綾瀬検車区敷地外 一般道より] 2006.6/14


和光市にて先頭部。この角度から見るとその丸みの強さが良くわかる。 2006.9/1


川越市にて引き上げ線へ向かう10000系車両。 2006.9/1


和光市駅に到着した10000系車両(10102F)。 2006.9/4


10101Fとデビューステッカーのカラーが異なる。 2006.9/4


7000系との2ショット。 2006.9/4

※上記写真は、無断転載禁止です。なお、全て東武線内(撮影会の物を除く)で撮影しています。

有楽町線10000系(10101F) 06.9/1.13:30頃 モハ10201 みずほ台→鶴瀬(HDD)


 08系とほぼ同じ三菱製のインバータですが、起動直後の音が異なるため、どちらかというと8000系更新車に近い三菱最新タイプの物と思われます。44.1kHz 64kbps

有楽町線10000系(10108F) 07.8/11.16:30頃 モハ10908 月島→新富町(HDD)


 後期車に当たるこの車両では、VVVFがJRのE233系タイプのものになった他、ドアエンジンにも差異が見られます。44.1kHz 64kbps


copyright Studio Mars 2004 by.Kura, all rights reserved