×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

I'm Profile. by.K's Train

The Profile

プロフィール

ハンドルネーム・・・・・くらけん(KURAKEN)

職種・・・・・・・・・・・・・・開発業

好みな鉄道車両・・・・・東急200形(玉電)・東急5000系(旧青ガエル・新)・小田急2600形(旧塗装)・旧形式車両のVVVF更新車全般・東京メトロ5000系

使用機材

ページ構築・・・・・・・・・・タグで原始的にひたすら打ち込み制作(使用エディタ:TeraPad)
 
私は、以下のマナーを守って撮影することに努めております。
  1. 三脚は使用しません。

  2.  三脚は駅等の施設で利用することは、他のお客様の迷惑になるだけでなく、走行電車の振動や風で不意に倒れたりして電車に接触したりすると危険ですし、それによって列車運行に支障を来す事になり、多くのお客様や鉄道会社の方々に迷惑を掛けることになりますので、ホームにお客様がいなくても安全のため、鉄道施設内で三脚を立てるのはやめましょう。
  3. フラッシュは禁止です!

  4.  運転手や車掌の方々は何より「目」を頼りに仕事をしていらっしゃいます。信号確認や計器の状態、線路の状態、戸閉時の確認は全て「目」が頼りです。フラッシュは目くらましとなり、一瞬の判断を誤ってしまう可能性があります。それによって大きな事故の原因となる事もありますので絶対にやめましょう。保安装置があるから大丈夫という甘い考えは事故の元になります。今後カメラ購入を考えている方はフラッシュ無しでも大丈夫な感度の高い物やフラッシュを使わなくても済む撮影技術も身につけましょう。(デジカメ初心者の方はISO800〜1600程度のものを目安にすると良いのではないでしょうか)
  5. 白線の内側から撮りません。

  6.  言うまでもなく白線内からの撮影やホームの端の柵に寄りかかるなどしての撮影している人を見かけますが、電車に接触して事故となる原因になりますからやめましょう。例え、停車している電車(進行方向の先頭部)や回送電車、進行方向が逆(最後尾側)だからとか、まだこちらのホームには電車が入ってこないから良いというような考え方は事故の元になります。自分が安全を脅かしてしまうかもしれないと言う認識を常に持ちましょう。撮影するときは、より安全を確保するために点字ブロック(黄色のボコボコしたタイル)の位置まで下がって撮影するように心がけるようにしましょう。
 鉄道会社によっては、これらをルールとして実行しているところもあります(東京メトロ様や東急電鉄様など)。一人一人が、常に危険認識を頭の中に留めて、撮影等行うことが、快適で安全な鉄道を支えて行くことにもなります。マナーはお互いに守って注意し合い、楽しい鉄道ライフを送りましょう。

管理人への問い合わせ:こちらよりどうぞ.


copyright Studio Mars 2004 by.Kura, all rights reserved